0

ダッフィーとラプンツェルが大好きです。

ラプンツェルの日本語吹き替え版が中川翔子さんの声と言うことでまず気になりました。

今まであまりディズニー映画は見たことがなかったのですが、まず長い髪の毛からどんなストーリーになっていくのか
とても興味をもち、映画を見ました。
映画の内容もすごくメルヘンでラプンツェルが好きになりました。
私は結婚式を控えていてちょうど、プランナーさんから、テーマを決めてほしいと言われていた事と
ドレスがなかなか決まらなくて悩んでいたので
ラプンツェルの話をテーマに決めていく事にしました。
ドレスは紫系の色を選び、ヘアーはラプンツェルの髪型にしました。しかし、髪の長さが足りず、エクステをつけました。
旦那もフリンをイメージしてタキシードを決めました。
ラプンツェルは人気のようで他にもラプンツェルのような花嫁さんがたくさんいると聞き
なにか他の人と違うインパクトを与えようと思い
方にパスカルを乗せることにしました。
パスカルを乗せた花嫁はその式場にはいないようだったので
プランナーさんや衣装担当さんにも褒められました。
そして、パスカルを落ちないようにドレスに縫い付けてくれました。
ウエルカムボードも手作りしました。
ラプンツェルとフリンの衣装を着た私たちの似顔絵を書きました。
何度も何度もラプンツェルの映画を見て結婚式をイメージしました。
結婚式当日も、大成功でした。登場はラプンツェルの自由の扉を流し
パスカルをしっかり肩に乗せて入場しました。
式は大成功でした。
出席者の人たちから、可愛かったよ。など声をかけてもらい、
人形がついているドレスも初めてだ。
と言ってもらえました。
式場でも、インパクトがあると言ってくれたのでHPにのせてくれました。
ラプンツェルと出会えたおかげで私の一生の思い出となる結婚式は大成功しました。
結婚とのタイミングが丁度よかったのも奇跡です。
今ではラプンツェルグッツを見つけるとなんでも買ってしまいます。
いつかアメリカにあるディズニーランドへ行きラプンツェルの塔がある場所へ行ってみたいです。

 ディズニーストア ラプンツェル  ディズニープリンセス

ダッフィーはTDSでのみお迎えできるというプレミア感

ディズニーシーのみでお迎えすることが出来る、と言えばそう、ダッフィー。
今ではディズニーランドにも連れてくる方も多いですね。
オープンからクローズまでキッカリとディズニーリゾートを楽しむ身としては、正直言って「邪魔じゃないの?」というのが当初のイメージでした。
ディズニーシーに行った事がなかった地方在住の母を連れて、インパしたある日の事。「何かひとつ買ってあげるよ」と、20代後半になった私に母が提案してくれました。すっかりディズニーマジックにハマってしまった母は、可愛いものが沢山あるお店にテンションがあがっていたようでした。
ダッフィーに関しては先述の通り「邪魔じゃないの?」と思っていた為、特段ダッフィーを希望した訳ではなかったのですが、たまたま母がそう言ったのが『マクダックデパートメントストア』内に居た時だったのです。
そうなると、「じゃあ、ダッフィー?」なんてふざけて言ってみちゃったリするのが娘の常。そしてそのふざけて言っちゃった時には手を伸ばして抱きしめながら言っちゃったりする訳で。
「……!?」
ふざけて抱き締めた私は言葉を失いました。
それを見て、少々首を傾げながら、棚に収まっているダッフィーに手を伸ばした母が「わぁ!」と年甲斐もなく色めいた声を上げました。
女はいつまでも乙女ですね。
そうです、ダッフィーを抱き締めた母娘は、その調度良い柔らかさと、そして何よりも心地よい重さに心の柔らかい部分をふんわりと掴まれてしまったのです。
赤ちゃんを抱いているような、抱いているのに抱き締められているような。そんな安心感に瞬時に包まれ……「ダッフィーがいい!!」と0コンマ1秒で私は声を上げた訳です。
オープンからクローズまで抱き締めている女子達の気持ちに一瞬にして同意をした私は、棚に並ぶダッフィーの顔を一人一人見つめながら一番かわいい子を選びました。それは一番最初に抱き締めた子で、これは正に運命!……なんていう運命論も去ることながら、とにかくその計算されつくされた抱き心地。これは購入せずにはいられない!
そして極め付きは購入時のキャストの心遣いでした。
母に支払って貰い「袋にお入れしますか?」という問いに「そのまま連れて行きます!」と嬉々として答えた私。そのキャストさんは「はい、どうぞ」と、ダッフィーの片手を挙げて差し出してくれたのです。
マイフレンドダッフィー! 彼は決してぬいぐるみではなく、私の友達なのだ! と否応なしに思えました(笑)
そんな、あらゆる要因を経て私はすっかりダッフィーにハマってしまった訳です。

そういう風にしっかりはまりつつ、いつかはお別れの時も

上記な感じで、すごく大事な子なんですが、家族が海外勤務が多い仕事をしているため、
どうしても、引っ越しが多く、いまいっぱいあるダッフィーちゃんシェリーちゃん、
新しいジェラトーニ君をすべて持っていくのは実際的にはなかなか難しいと思ってます。
いろいろ探して、ここいいなとおもって、いちおう画像を。
ダッフィーの買取専門店さん
ダッフィーちゃんやシェリーメイちゃんの事をしっかり査定して、
納得できる買取をしてくれそうだなと思えるサイトで、
信頼感ありますね。そのうち使いたいなと思います。

0

夢の国ディズニーランドにはいい思い出しかなかった。。。

色々な人の話しを聞いたりしても、良い思い出しかありませんね。
地震の時やお子様ランチのエピソード等をテレビで見ても感動的な話ししかありません。
でも、私は一部のスタッフの方のお蔭で、嫌な思い出が鮮明に残ってしまいました。
それは、パレードの時の事です。
私と妹は12歳離れていて、当時、妹はまだ6歳でした。
しかも大人しい妹でしたので、私や家族としか対話も出来ない子でした。
そんなパレードの時、行っちゃいけない所があるのを知らなくて、呑気に見ていると、スタッフの方に「あっちに行かれてください。」と押し出されました。
小さな妹はそのスタッフの方に気付かれなかったのか、行ってはイケナイ場所へ置いてけぼり、私も妹がそこにいるからと必死にそっちに行かせてくれとお願いするのですが、スタッフの方はパレードや周りのうるささで聞こえないのか、聞く耳を持ってくれない所か、怒りだすしまつ。
妹にも「こっちにおいで。」と大きな声で伝えるのですが、妹も聞こえないのか、そのスタッフに怯えているのか立ち尽くして動かない。
私はスタッフの方にあっちへ行けと体を押さえつけられながらも、妹の手に届き、引き寄せる。
するとそれを見たスタッフの方は「あぁ」とだけのべ、あっちへ行く様に指示する。
もちろん、妹が自分の所に戻ってきてくれたので、すぐにその場を去りましたが、妹はスタッフの方が怖かったと、その後泣き出してしまい、私も、夢の国に関わらず、妹と離れ離れにさせられるのではないかという不安と、スタッフの方のあの対応、そしてスタッフの方の怖い顔。又、スタッフの方に押されたり、つかまれた体の痛さが嫌な思い出と残ってしまいました。
ただでさえ、人ごみが苦手で、だけど行きたいという妹の気持ちを配慮して頑張って連れて行ったので、もう2度と行きたくないと感じました。
他のアトラクションや、キャラクターがどんなに良くても、スタッフの方がどんなに良くても、夢の国という期待も強い為、嫌な思い出として、私の中でディズニーランドは残ってしまいました。

0

テーマパークは減っていくけど、ディズニーは強いです

テーマパークが減っていく中、千葉のディズニーランドはその気配が感じられません。私達一家は4人で東京に用事があり、ついでにディズニーランドに寄りました。小学生の長男とベビーカーに乗った次男を連れて初めて行ったのです。そんなに長いはできないので入場券は確か1日券であったと思います。

長男と妻が色々な乗り物に乗り私はベビーカーで寝ている次男と外で待っていました。小さい子供達を楽しませてくれる乗り物もあったのですが私は次男と2人ゆっくり散歩したと言う感じです。不思議な事に次男はご機嫌で泣く事もなくスヤスヤ寝ていました。何故なんでしょう。

やはり子供も大人も楽しめるだけあって色んなしかけが施されているのか、それが赤ちゃんにもわかるのかぐずりませんでした。ショッピングゾーンには色々なお店があり食事をとる事になったのですが、ちょっと高いかなと思えました。しかしわざわざ遊園地に来て、高いだの安いだのもないなと思い食事を取りました。

食後長男はアイスクリームを食べて満足したようです。他に色々な商品が並んでいて一つづつ見て行くと時間がなくなるので、ころあいの時間で止めにして辺りが暗くなる前にパレードの良く見える場所を見つけに行きました。しかしそんな心遣いは無用だったのかも知れません。暗くなってきてパレードが来るとそれなりに見える訳です。

アトラクションではシンデレラ城、カートゥーンの関連物、海賊モノ、ジェットコースターなど名前はハッキリしませんが子供がもう一度乗りたいと言うものが多かったのです。何処を見ても安心して過ごせるそう言う雰囲気があり、それでもう一度、またもう一度と足を運ぶのかもしれません。

それで成り立っているのであれば、人工物の世界ですが安心、安全を演出しているように思えます。クルーやスタッフの対応も良かったので散歩道でのんびりしているだけでもちゃんと楽しめました。引き上げなくてはならない時間になっても、いつまでも去りがたい気分でした。またチャンスがあればのんびり行ってみたいなと思います。

0

ディズニーランドでのちょっとはずい思い出

ディズニーランドには上京してから何度か足を運んでいます。勿論デートで訪れたり友人同士で訪れたりと形は様々でしたが、何度か訪れているうちに気づいたことがあります。それは「かっこつけちゃいけない。」ということ。普段、デートとなると多少はプランをコーディネートしたりかっこつけてどうこうしたくなりますが、ディズニーはそんなところじゃありません。

それを痛感した思い出が一つ。
代のディズニー好きだった彼女とディズニーランドに行ったときのことです。彼女はどうしても「ティガーのしっぽをつけてほしい。」の一点張り。そしてこちらは「やだ。」の一点張り。大して張り合う必要もないのでしょうが、当時の自分はシャイ?だったのでとても恥ずかしくてできなかったんです。だからいやだと駄々をこねていたのです。それでもしつこく「ねえ、つけないの?」と。「だから、つけない!男だし!」と言ったのが運のつきでした。
「男だからなあに?ディズニーはそんなことを関係なしに楽しめるから夢の国なんだよ!」と、返事が。

困ったことにディズニーランドの中で言われるととても言い返せないんですよ。だってそうなんですものね。この時、周りで堂々と飾りをつけている男がどれほど憎たらしかったか。とはいえ言い返せないところまで言いくるめられた以上はつけないわけにはいきません。だからいよいよつけたのです。恥を忍んで。その時の彼女の嬉しそうな表情は今でもまざまざと思い出されます。その時に悟りました。「男だからなあに?」って。開きなおりの一種に近いですが、でも男だからって恥じらうような場所じゃないんですよね。むしろ調子よくしようとすると失敗するから変な考えは捨てることに。おかげで気楽に楽しむことが出来ました。あ、勿論最低限のことはしましたよ。少し多めにお金出すとか、重たそうな荷物は持つとか、並んでても苛立たないとか。きっと記念日とかであればもっと趣向を凝らしてもいいのでしょうけど、単に遊びに行っただけだったので。自分自身ディズニーは好きな性質なのでおかげで良く楽しむことが出来ました。